デザインプロダクション CAPS

デザインプロダクション CAPS

動画で伝える。
静止画による写真やテキストでは伝えきれない部分まで訴求することができ、
ユーザーがアクションを起こしやすく、アクセス数・販売数アップにつながります。
Movie

静止画に比べると訴求力が高くなる動画。しかしコストが高く導入したいと考えていてもニの足を踏むという声も多々お聞きします。例えば制作費が50万円掛かるとします。目先のコストだけを考えると・・・しかし年間の広告宣伝費として365日、1日24時間、全国にアピールする営業マンとしては、決して高くはないのではないでしょうか!
動画の1番のポイントは、シナリオ(企画)です。このポイントを重視するためヒヤリングには時間を掛け、お客様の意向を十分に把握することから始まります。
まずはどんな些細なことでもご相談ください。

Movie use scene

動画活用シーン

企業ブランディング
伝えたいイメージを的確におさえた動画で、企業の認知度を高めることができます。
商品PR・商品説明
使用イメージや特徴をわかりやすく伝えることができ、購買意欲アップさせる効果が期待できます。
マニュアル動画
複雑な使用方法も、動画を使えばわかりやすく短時間で説明することができます。
まずはお気軽にお問い合わせください▶︎

プロモーション動画に
興味はあるけど

高額諦めていた方に

予算に合わせたオリジナルプラン
抜群のコストパフォーマンス

サービスのPR 、商品訴求、会社や工場などの紹介、社内教育用、
リクルート向けなどプロモーション動画をお手伝いいたします。

エントリー
プラン
7万円

詳しく見る▼

スタンダード
プラン
15万円

詳しく見る▼

プレミアム
プラン
20万円〜

詳しく見る▼

※プランをクリックしてください

 
エントリー
プラン
7万円

お問い合わせはコチラ▶︎

詳しく見る▶︎

スタンダード
プラン
15万円

お問い合わせはコチラ▶︎

詳しく見る▶︎

プレミアム
プラン
20万円〜

お問い合わせはコチラ▶︎

お問い合わせはコチラ▶︎

企画
撮影OP撮影2時間+OPドローンを使った撮影も可
動画の長さ3分まで+OP10分まで+OPご要望に合わせて制作
動画サイズFullHDFullHD4Kまで対応
フレームレート30fps30fps最大60fps
編集簡易編集
BGM
ナレーションOPOP
修正1回 +OP2回+OP
モデル手配OPOPOP

※「OP」はオプション設定がございます。

オプション
撮影時間延長
ロケハン
ドローン撮影
4K撮影
土日祝日対応
企画構成
まずはお気軽にお問い合わせください▶︎

Flowchart

ご注文〜納品までの流れ

ご相談
ウェブサイトをご確認された上で、まずはお問合せフォーム、もしくはお電話にてご連絡ください。 ご相談・ご不明点・ご希望等を詳細にお伺いします。
場所によっては撮影不可能な場合もございますので、必ず撮影予定場所をお伝えください。

ヒアリング・お見積
動画制作に至った経緯や理由などをお聞きします。
お話をもとにご提案と概算のお見積りを提出します。
正式にご依頼を決定いただけましたら撮影の日程、準備等の検証の後、撮影スケジュールをお客様にご連絡いたします。

撮影・編集
地上カメラ・またはドローンを用いて撮影を行います。
安全性の低い場所、天候変化、トラブルなどで撮影が急遽中止となった場合は、お客様都合でない限り、弊社で負担いたします。
撮影終了後、編集をご希望の場合は編集作業に入ります。
お客様に確認していただきながら数回ほど修正し、完成に近づけていきます。

納品
編集完了後、基本的にはオンラインストレージ納品させていただきます。
ご要望によりご希望の形態・フォーマットにて納品も可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください▶︎
動画制作のコツ
❶動画を作る目的を1つに絞る
「商品を手に取ってもらいたい」
「ホームページに訪問数を増やしたい」
「企業イメージをアップさせたい」
何のために動画を制作したいのかを明確にすることで動画全体のクオリティ向上につながります。
この部分が曖昧だと必要なシーンの撮影漏れや素材不足に陥る恐れがあります。
まずは目的、方向性を入念に考え、準備しましょう。
❷誰に向けて、何を伝えたいのか?
目的が明確になったら、ターゲットを決めます。
個人・企業、男性・女性、大人・子供 等どこの層に向けた内容なのかを決めることで、魅せ方や伝えたいメッセージのブレを防ぐことができます。
ターゲットを設定したあと、訴求内容をはっきりさせます。
最初に考えた目的を踏まえて全体通して内容、メッセージに一貫性を持たせることで視聴者からの信頼やイメージアップにつながります。
❸内容と企業イメージと照合
改めて動画の内容と企業イメージとの差異がないかをしっかりと確認します。
ここでズレを調整しないまま制作した場合、動画を見た視聴者が違和感を覚えて効果が薄れるという事態にもなりかねません。
❹登場人物、映像イメージ等の
シナリオ組み立て
目的、ターゲット、メッセージが決まったら内容を組み立てていきます。
ストーリー性を持たせたシナリオにすることで視聴者の感受性に訴えかけ、より多くの共感を得やすくなります。
まとめ
①目的を明確に
②ターゲット・メッセージを決める
③企業イメージとの照合
④シナリオ組み立て

以上4点が効果的な動画を制作するコツです。
動画制作をご希望の方は上記を参考いただき、ご検討してください。

Question & Answer

よくある質問

Qドローンでの撮影ができない場所、許可が必要な場所はありますか?
Q動画制作を依頼したいのですが、漠然とした内容しか決まっていません…
Qドローンでの撮影中事故などがあった場合の補償はありますか?
Q当日撮影した映像は現場で確認できますか?
Q撮影が中止になった場合キャンセル料金は発生しますか?

croll downscroll down